古銭ってなに!?正確な古銭の定義。

古銭の中には銀行で両替できるものもありますよ

古銭と聞いて古い時代のお金と答える人は多いのではないでしょうか。 しかし、古銭と言うのは現在流通されていない全ての貨幣を意味しており、一昔前の5円玉や10円玉も古銭に含まれますし、100円札や500円札も古銭になります。 因みに、現在流通されている5円玉は穴が開いていますが、この5円玉には2つの種類が在り、昭和24年から昭和28年の間に発行されていた5円玉は昭和32年から現在に至っている5円玉とは書体が異なります。 但し、これらの5円玉はどちらも流通されているので古銭ではないのです。 しかしながら、昭和23年に発行された5円玉は中央の穴が無いもので、5円玉の古銭に相当します。 こうした5円玉は現在お店などで使う事は出来ないのですが、銀行に持っていく事で現行の5円玉と両替して貰う事が出来ます。

記念コインも古銭に含まれています

記念コインは何らかのイベントを記念して発行された硬貨や紙幣などの貨幣です。 お金としての価値を持つと同時に古銭に含まれている貨幣の一つです。 しかし、記念コインはお店で支払いに利用しようとしても、断れてしまう事が多くあります。 これは記念コインというものが一般的に流通されている貨幣ではないこと、中には偽造コイン、偽造紙幣なのではないかと疑いを持つ店員さんも多く、不要な記念コインが在る場合は銀行で両替をして貰うか、買取り専門店に持ち込むことで買取りをして貰えます。 尚、記念コインは銀行では額面と同じ金額で両替になりますが、古銭買取りのお店の場合は額面よりも低くなることもあれば、額面を上回る事もあるため、査定を受けてから銀行で両替するのが良いのか、古銭買取りのお店を利用するのかを決めるのがお勧めです。